機械オペレーターの仕事
AGCディスプレイグラス米沢株式会社

髙橋 和馬さん

●第2製造部 製造2課 ●21歳/入社3年目(2020年2月時点)
●山形県米沢市 出身 ●米沢工業高校 卒

インタビュー

継続は力なり

髙橋さんは機械オペレーターとして、機械の監視や製品の検査をしています。機械自体は全自動ロボットですが、砥石の交換やプログラムは人の手で行われ、何か不具合があればそれを改善する必要があります。

入社して間もない頃は、先輩に仕事を教えてもらい、時には失敗もしながら徐々に覚えていった髙橋さん。それでも「ミスをしたくない」「過信はしたくない」という気持ちが強く、自分の任された仕事は何度も見直すようにしていたそうです。こうした気持ちで向かい合っていくうちに自然と仕事を覚え、同時に責任感も持てるようになったと話します。継続していくと必ず身に付くものがあることを教えられます。

学生時代に学んだ社会人の基礎

現在の会社には、高校卒業後に就職。当初は県外就職も考えていましたが、様々なタイミングもあり最終的には地元に残ることに。

高校では電気情報系の学科を専攻しており、その時学んだ用語や工具の知識は現在の仕事でも活かされているそうです。また部活動ではサッカーに励み、ここで学んだ挨拶や礼儀は社会人の基礎となっており、いつでも元気な挨拶をする髙橋さんには社内外問わず評判の声が挙がっています。

休日はカフェ男子

フットサルや海釣り、スノボなど様々な趣味を持つ髙橋さん。その中でも地元で過ごす休日には、友人とカフェに行くことが多いそうです。そこでは仕事の話をすることもあり、自分とはまた違う世界でチャレンジする友人を羨ましいと感じることもあります。その一方で自社のCMや広告を目にしたり、自社製品が使われている自動車を見ると、自分の携わる仕事の凄さに喜びと誇らしさを感じる、と話します。

的確かつスピーディーに

「社会人になって感じたことは?」の問いに、「全て自分のお金でやっていくことの大変さ」と答えるところからも責任感の強さが伺える髙橋さん。仕事はどんなに忙しい時でも、的確にかつスピーディーにこなして、少しでも多くのラインを回していくことがやりがいと話します。

自分流を貫きながらも、新しく入社してくる後輩たちにはしっかりと挨拶や礼儀を教えていきたいと意気込みも語り、今後の活躍がますます楽しみです。

わわわQ&A

「わ!入社して見つけた会社の魅力」は?

福利厚生がしっかりしていて、食堂も安くておいしいのがありがたいです。

 

「わ!米沢ってこんな良い場所なんだ」と思うことは?

日本でも数少ないすごく安全な地帯の1つ。
自然が豊かで住みやすい街だと思います。

【企業情報】

AGCディスプレイグラス米沢株式会社

992-1128 米沢市八幡原4-2837-11
TEL 0238-28-8301
FAX 0238-28-8317

【事業内容】

  • 液晶用ガラス基板及び
    車載ディスプレイ用カバーガラスの製造加工
WEBサイト やまがた就職企業ナビ米沢